なぜ牛乳を飲むとお腹痛を壊す人がいるのか?

ネタ

牛乳を飲んだ後にお腹が痛くなることがあり、なんでお腹が痛くなるのか調べてみました。

調べた結果、牛乳に含まれてる乳糖を分解して小腸に吸収させる酵素ラクターゼが少ないと、うまく吸収ができなくなります。

分解されなかった乳糖が小腸で吸入されなくて、大腸に行き腸内細菌によって分解されてガスや酸が発生して 

その結果、腸内にガスが溜まり腹痛の原因になったり、下痢になったりします。

この乳糖によって生じる不快な症状を乳糖不耐症と呼ぶようです。

また、お腹を壊す人は

牛乳を一気に飲まずに数回に分けて飲んだり

温めて飲めば、ラクターゼの働きを良くするみたいです。

以上で説明は終わりです。

ちなみに大人ほど、このラクターゼの数が減ってくるみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました