コミュニケーション能力が低い人の特徴と改善方法!

アミノブログ

現代においてコミュニケーション能力は必須です。ですが、コミュニケーションが苦手な人が多いです。

こういう会話ができない人をコミュニケーション障害、略してコミュ障と言うそうです。

会話ができないのは決して悪いことではないですが、コミュ力があればいろんな人から話を聞き出し、その情報を自分のものにすることができます。

なので、今回はコミュ力が低い人の特徴と改善方法を紹介します!

改善方法をすぐ知りたい人のために早速紹介します!

改善方法

まずは一言言う

なんでも良いです。「おはよう」や「ありがとう」「これ落としたよ」でも一言言うだけでちょっとずつ改善していきます。

会話が苦手な人は自分からは話しかけることも苦手です。なので、自分から気軽で一言という短い言葉で喋り続ければ、少しずつだけど、改善していきます。

まずは、声に出して言うのがポイントです。

声を出すことによって自信が出ます。

人は大して話を聞いていないと思い込む

どう言うことかと言いますと、自分が話していても相手は大して自分の話を聞いていないと思い込むことです。

コミュ障は他人からどう思われているのかすごく気になります。なので、その考えをなくすたに人は大して自分の話を聞いていないと思い込むのが肝心です。

もちろん、相手は自分が話した内容を覚えているかもしれませんが、そんなのは気にせず自分の話を聞いていないなと思って喋りましょう。

そんなことできない!って思う人が多いかと思いますが、よく考えてください

もし、他人が自分に話しかけてきた時のことを

重要な情報以外覚えてませんよね。つまり、話しかけても、どんな内容かは覚えていないことが多いです。

文字を音読して読む

文字を音読することで声を出すトレーニングと語彙力を鍛えられます。まずは言葉を声に出すことから始めましょう。

また、本に出てくる知識も同時に覚えられますのでこの方法はオススメです。

特徴

改善方法を紹介していきました。お次にコミュ力が低い人の特徴を見ていきましょう。

会話が下手

あまり人と話さずに相槌ばっかうっていると会話下手になります。

一問一答でも良いので、勇気を振り絞って話してみましょう。

自分に自信がない

自分に自信がないため、発言を控えたり、自分から話しかけられないことがあります。

ですが、少しでも良いですから、自分の趣味のことや好きなものを相手に話して少しずつ慣らしていきましょう。案外、相手は何も考えないで話を聞いてくれますから、気が楽ですよ。

他人を信用していない

他人を信用していないから、自分のことや自分に関することを話したく無くて喋らないこともあります。

なぜ、信用しないかは人によって違いますけど、話してもあなたを傷つける人はよっぽどの人じゃない限りいませんから、安心て話しましょう。

それでも無理なら、無理して話さなくても良い

コミュニケーション能力は必要ですが、無理して話す必要はないです。

今は言葉以外にも伝える方法はたくさんありますので、それらを上手く活用しましょう。

大丈夫です。会話ができなくても、「自分をダメなやつだな」と思っちゃダメです。

人は人、他人の価値観を当たり前とは思っちゃダメです。会話が苦手だろうが、気にせずにいきましょう。

他にも、なんでも完璧にこなそうとする完璧主義の克服を紹介している記事もありますのでそちらも是非、ご覧ください!

過度な完璧主義を克服する習慣を身につけよう!
完璧主義とは何事にも手を抜かず、完璧な状態を目指すことです。 一見すると悪くは思いませんけど、完璧主義は何事にも全力で頑張りすぎるため、人一倍疲れやすいという特徴があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました